歯のホワイトニング│3タイプのオフィスブリーチングと※自宅でできる優れものステイン分解とは?

 

ナチュラルな白い歯を求める場合に代表的なホワイトニング方法が歯のブリーチングです。

 

歯のブリーチングにはその方の用途にあった方法がいくつかあります。

オフィスブリーチング

手順としては漂白部分の洗浄、色のトーンを決めます。薬剤を塗る前に保護剤を歯ぐきに塗布してから薬剤を塗ったら特殊な光をあてて15分ほど待ちます。漂白のトーンを見ながら
これを2、3回繰り返して1時間ほどで1回の施術が終了となります。

 

オフィスクリーニングのメリットは濃度の濃い薬剤を使えることから効果が短期間ででます。しかし、除々にもとに戻っていくのも特徴です。色が気になりだしたらまた通うといった感じになると思います。

 

一般的な食物などによるステイン汚れやタバコのヤニ、または先天的な歯の黄ばみなどが気になる場合にはオフィスブリーチングが最適です。料金は大体一回3万円ほどします。

 

ホームブリーチング

オフィスブリーチングを自宅でおこなうやり方です。お薬を使用することは変わりないのでちゃんと医師からの許可のもと用意されたキッドを使用してご自分でおこないます。

 

漂白専用の自分の歯型取りをした漂白トレーをつくります。そこへ薬剤を流し入れてブリーチングしたい前歯へ装着して4~最大8時間までの漂白をおこないます。

 

ホームブリーチングはご自宅でやる分薬剤が低濃度であるため短期間の効果は望めない分、象牙質の深部まで染まった黄ばみにも効果的ということが言われます。また先天性の歯の黄ばみなどだとホームブリーチングをすすめられるクリニックも多いです。

 

また自分の好きな時間を利用してホワイトニングができることから気軽るさが人気があります。料金はオフィスブリーチングと変わらない3万円ほどがかかります。プラス薬剤の追加料金が都度5000円弱がかかります。

 

ウォーキングブリーチング

いままでのブリーチングは歯の表面の黄ばみやステイン汚れを漂白する施術方法でしたが、ウォーキングブリーチングは歯の内部の漂白となります。主に歯の一部の神経が死んでいる場合の歯の内部からの変色等に効果のあるブリーチング方法です。

 

手順は歯に穴をあけて歯の内部に薬剤を流し入れて1週間おきに中の薬剤を取り替えて歯の色のトーンが目標のトーンに達したら穴を閉じて終了です。

 

差し歯に変えずにブリーチングで自分の歯をできるだけ残したい場合には有効なブリーチング方法となります。料金も一部分の歯のみとなりますので5000円程度で済みます。

 

以上、ブリーチング方法にもその方の用途によってさまざまですが、保険適応外ですから、それなりの料金が発生します。

 

また、ブリーチングは1回で終了というひとも少なく定期的におこなう必要がどうしても出てくるものです。オフィスブリーチングではランニングコストがかかってしまうことからホームブリーチングを選択するひとも少なくないですが、忙しい中で自身でブリーチングをおこなうのは結構手間がかかることからいつの間にかやめてしまうひとも多いと言います。

 

そこでステイン汚れやタバコのヤニ程度の黄ばみや歯の色が気になるのであれば、ポリリン酸ナトリウムなどが入ったホワイトニング剤もおすすめです。

 

ステインや黄ばみを分解する

ポリリン酸ナトリウムはブリーチングの薬剤と一緒に使用されることもある、落ちにくい黄ばみの原因を分解するものです。

 

過酸化水素などの漂白薬ではないので歯ぐきがシミたりもしないので、より気軽にホワイトニングができるとあって現在、注目されています。

 

朝晩のブッシング時に歯磨き粉の変わりに使える製品も最近でていて、若い女性のあいだでは普通のステインケアの歯磨き粉よりも効果的ということで人気がでてきています。

 

価格も安価で手に入る続けやすいことから普段から白い歯をキープしておきたい方には大変おすすめです。

 

 

 
歯の漂白剤(ポリリン酸)通販ランキング♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です