「ホワイトニングについて」カテゴリーアーカイブ

【口コミ&考察】セルフホワイトニングとホームブリーチングの違いは薬品か化学分解か?

近頃、10代20代の間でも紹介されることの多いホワイトニングサロンなどが駅ビルやビルの中にもできてたりしますが、これらは医師が必要なく歯の漂白ではなくポリリン酸自分でおこなうセルフホワイトニングがかえって煩わしさもなくメリットとなっています。歯のホワイトニングケア製品は歯を白くするのはもちろんポリリン酸の入っているステイン除去製品には健康な歯ぐきにしたり、しかも、お口の中の細菌をおさえて口臭を防ぐこともしてくれるので総合的に口内ケアができてしまいます。美容歯科などでも利用されるポリリン酸ナトリウムやポリアスパラギン酸ナトリウムが主役となっている歯の黄ばみや変色を落とす商品が人気を高めていてモデルさんなんかもブログやSNSでで紹介したり流行りのホワイトニング剤となるとポリアスパラギン酸配合の商品が売上もよいです。ポリリン酸は落ちにくい長年の黄ばみやステインを分解除去することから研磨してエナメル質にキズをつけたりもせずにリンゴ酸とポリリン酸で反応させてこすらずとも汚れを落とします。

歯を白くすることは美容室にいくように当たり前になりつつあります。むしろ、お化粧や髪型、髪の色をかけて一見美しくなっても不清潔な歯の黄ばみやヤニの色は一瞬にして興ざめです。電気歯ブラシを使うときにはペースト状の歯磨き粉を使用するよりも電動ハブラシでも使えるタイプのステイン除去剤を使ったほうがエナメル質を傷つけず使用できます。常日頃にやるブラッシングと同じように無意識にステイン除去することが出来るのであれば、パフォーマンスも良い話しです。

ポリアスパラギン酸ナトリウム配合のホワイトニング剤だと簡単に実現できます。

食品の中にはワインやコーヒー、カレーなど色がでる飲食というのはポリフェノールなどの植物成分入っているためそれらを食事の度に摂る習慣があると知らず知らずのうちに歯の変色となってあられる場合があります。

かかりつけのクリニックなどは簡単な歯の汚れ取り(ヤニ・茶しぶ)取りなどをしてくれる歯医者もありますが、本格的な着色汚れはなかなか落ちるものでもないです…。歯の漂白は1回の施術だけで3万~6万円ほど負担となります。

そしてイメージどおりの白さになるまでには過酸化水素などの薬品を使って徐々に白さを取り戻します。

セラミッククラウンは一回で簡単に歯を白くすることができます。

だけど、白くしたいがために顔色に馴染まない歯の白さはまさに胡散臭い印象を受けてしまいます。

以前までのヤニ取りやステイン汚れなどハミガキでは落ちにくい落ちない汚れを白くするには研磨剤入りのハミガキ粉を購入するのが普通なときもそう昔の話しでもありません。セラミックスのクラウンなどの元ある歯に被せ物を施す美容クリニックや審美クリニックなどでも以前よりも新しくなっていて材質のコスパがよくなっていてコンポジットレジン(樹脂製)やジルコニアとセラミックのハイブリッド素材や注目はイーマックスセラミックといって特殊なガラス素材とセラミックが一緒になった透明感のある仕上がりになる素材なども登場しており、硬くてもろくなくビジュアルも良くて安い!ということでセラミッククラウンは年々受けるひとが多くなっているといいます。ポリリン酸ナトリウム配合のホワイトニング剤だとこびりつく歯の汚れを除々に改善していきながら、汚れの再付着を防ぐので清潔感のある白色を維持することができます。汚れの部分をこする歯の消しゴムをやったことがありますか?アマゾンなどでも売られているステインイレーサーは歯にこびりついたヤニや茶しぶ汚れを集中的にこそぎ落とします。先端部分にはポリマーが入っているものもあり研磨とにています。

ポリアスパラギン酸を使用したステイン分解は余計な手順をかけることもないし、出かける必要もないし、いつものようにブラッシングを交換してしまえばホワイトニングをすることができます。

ポリアスパラギン酸の入ったステインおすすめの除去グッズはこちら